パソコンにトラブルが合った場合の対処方法を知る

精密機器のパソコンの故障は 修理業者に依頼しよう
  • 起動しない原因

    Windowsが起動しない場合は様々なことが原因として考えられます。個人で出来る対処方法をまずは行なうようにしましょう。それでも復旧しなかった場合は、専門の業者に委託しましょう。

    ▶もっと読む

  • 携帯の重要性

    生活必需品と言っても過言でもない携帯電話には、大切な個人情報のデータが詰まっています。データが消えてしまった場合は、データ復旧を行なう必要があります。金額がかかるのでバックアップをとっておきましょう。

    ▶もっと読む

  • データを蘇らせる

    パソコンのHDDには、あらゆるデータが保存されています。パソコンにトラブルが起きてデータが見れないといった状況になれば、データ復旧業者に依頼すると良いでしょう。

    ▶もっと読む

  • パッケージの概要

    ERPパッケージというソフトウェア・パッケージが現在注目を集めています。ERPパッケージを導入していれば、データの一元管理が行なえ、業務の効率化が図れ、円滑にビジネスを進めていく事が出来ます

    ▶もっと読む

OSのトラブル

windows起動しない原因

パソコンを使用しているとOSであるwindowsが起動しなかった事は多くの方が経験していると思いま。この原因の多くは、windowsが入っているハードディスク内部のプログラムがなんらかのウィルスに侵された結果、起動しない場合と、ハードディスクそのものが機械的に壊れているために起動しない場合です。ウィルスに侵されている場合は、一度ウィルスソフトによるウィルス駆除を行う必要があるため、一旦windowsの起動が必須となります。また、ハードディスクが壊れている場合も修理若しくは機器を交換する必要があります。このようにwindowsが起動しない場合はパソコンにとって致命的であるといえます。windowsが起動しない場合にその復旧作業を業者に依頼する場合は数万円必要となる場合があります。

パソコンの歴史と現在

パソコンのOSであるwindowsは、初回のwindows95が1950年代に開発され、当時絶大な人気を誇っていました。その後もバージョンアップを繰り返し、現在では最新でwindows8のバージョンが販売されています。当時は100万円以上するパソコンが現在では数万円から購入する事が可能となっており、パソコン自体が身近なものとなっています。パソコンを作動させるために必要となるwindowsの開発は容易ではなく、当初はかなりのかなりの時間を要していたと言われています。現在では技術の進化から、バージョンアップの間隔が年々短くなってきており、バージョンアップ後は、ビジュアル面やプログラム内容等が劇的に進化している場合が多くなってきています。