パソコンにトラブルが合った場合の対処方法を知る

精密機器のパソコンの故障は 修理業者に依頼しよう

起動しない原因

起動しない原因を特定する方法

windowsが起動しない時は、まずその原因を探りましょう。 画面に何も映っていない場合は、まず、電源周りを確認。 ケーブルが抜けたり緩んでいないか、又、デスクトップパソコンの場合は裏側にある電源ボックスのスイッチがオフになっていないか調べてください。 故障ではなく、こうした原因で起動しないこともあります。 次はモニタ周り。こちらもケーブルの緩みや、電源スイッチを確認してください。 画面は映るものの、windowsが起動しない時は、画面に何か説明が表示されていないか確認し、説明があればその指示に従ってください。 DVDドライブににディスクが入っているとwindowsが起動しないこともあります。 もし入っていたら取り出しましょう。 パソコンに新しく取り付けた周辺機器や、インストールしたソフトが原因のこともあります。 その場合「詳細ブートオプション」画面から、windowsシステムの復元を行うと解決することがあります。 電源を入れ、パソコンメーカーのロゴ等が表示されている間に「F8」キーを押すと「詳細ブートオプション」画面が表示されます。その中に「システムの復元」があるので実行してください。

保存していたデータを救うには

原因が分かり、無事起動するようになれば良いのですが、残念ながら機械の故障、又はwindosシステムに不具合があると判明したら、修理・修復をするしかありません。 メーカーに修理を依頼する場合、あるいはリカバリディスクなどでシステムを初期化する場合、パソコンに保存していたデータが消えてしまう可能性があります。 パソコン本体はともかく、データがなくなるのは非常に困る、という方もおられるのではないでしょうか。 バックアップを取っていれば良いのですが、そうではない場合、データを救うにはどうしたら良いのでしょう。 ハードディスク(SSD)に原因があるのであれば、データリカバリを行う会社に依頼する方法があります。うまくいけば、データを復旧してもらえます。 又、原因がハードディスク(SSD)以外にあるとはっきりしているのであれば、パソコンからそれを取り外し、別のパソコンに接続すればデータをコピーすることができます。